現状から考察した一年の計画。残り305日

新年が明けてから、
既に3週間経過しようとしている。

無計画に進めるとあっという間に
時が過ぎてしまう。

なので現状の進行状況を加味した1ヶ月ごとの計画を立てたい。

現在平成16年の問題を進めているが、
初見の問題にあたると、解説を読んでもなかなか
理解しずらい。

それで、当初思っていたよりも時間がかかる。

昨日までは、
平成16年が終了したら平成7年の過去問に戻るつもりだったけれど
平成17年以降の問題を1度解こうと思った。

テキストのよく分からない解説を
自分が納得出来る表記に改めたい。

こうすることによって2周目のスピードが格段に上がる。

もちろん、2周目、3周目も書き込むことは出てくるのだが、出来るだけ早い段階で初見の問題を減らしたい。

平成16年の問題を解き初めて3日ほど経過したが、
まだ終わらない。

たぶん明日には終了すると思うが、

1年分を終了させるのに4日ほどかかる場合もあるということだ。

となると、平成26年まで進めるとなると、
2月に終了出来るかどうか。

3月からは平成7年度から平成16年を解いていく。
4月にもう一度平成7年から平成16年を解く。
定着を狙う。

2周して、時間が余るようならば、平成17年~平成26年を早めにスタートしたい。
スパンはあまり開けたくない。

5月は平成17年から平成26年を解く。
6月も平成17年から平成26年。

7月は再度平成7年から平成16年を解く。
おそらく7月には今以上に気持ちも乗っていると思うのでペースがあがっているはずた。
1ヶ月で平成16年から平成26年も終了出来るだろう。

8月からは、平成7年から平成26年の問題を一気に通る。
苦手問題が浮き彫りになっているはずなので、その攻略に励む。

苦手な問題の解法をメモし、それに目を通すという隙間時間を使った勉強法も果敢に取り入れる。

9月からはいよいよ問題の精選に入る。
難問珍問は解かないようにし、解ける問題をより完璧に解けるようにする。

チェック表で解かないようにする問題を完全に省くように塗りつぶしなかったものとする。

10月、近年の問題を使って模擬テストを行う。
20年分の蓄積があればそこそこ対応出来ると思っているが、そこはやはり電験二種。

かなり難しいと思うので近年の試験流れを掴む。

11月は体調管理に気をつけつつ、
予想される問題を中心にまとめあげる。

計算力アップのためにひたすら計算。

そして、自分自身が講師になりセルフ電験塾を開講する。

一応ここまで考えた。

進めるうちに多少の計画変更もあると思うが
とにかく過去問を鬼のように解くという1年になりそうだ。







一生懸命やるということ。残り306日

一生懸命やるということが
かっこ悪いと思う時期があった。

自分は30になるまでそういう中二病的な状況だったので、
いろいろとスタートが遅れてしまった。

裏では努力しつつも、
表では一切そういうのを見せないのがもっともカッコよくて理想の状態であるけど、

自分の場合は、
どうしても必死さが表に出てしまう。

必死さを隠せないのだ。

そして、必死で頑張ったのに結果を出せないと
かっこ悪いのでわざと手を抜く。

手を抜けば結果になって自分に返ってくる。

この悪循環で30年間過ごしてきた。

今では必死になってカッコ悪さを披露するよりも失敗する方がダメージが大きいので、

「一生懸命やって何が悪い?」
失敗したとしても、
「一生懸命やったけれどダメでした!」

と開き治るいう所にまで達したけれど、

中には一生懸命やることをかっこ悪いと思って
躊躇している人たちがいるのかもしれない。

だけど、未来を変えようと思ったら、
大抵の人はそれ相応のエネルギーを使わないと無理だと思う。

何かしないとそのまま流されてしまう。

楽をして成り上がれると思うな、
地道にコツコツ地盤を固めなければ、
崩れるのも一瞬だ。

そう思って必死にやってきた10年だった。

そして、この状況は惰性としてしばらく続く。

電験二種を取得したあとも、勉強は続けるつもりだ。

止まるつもりはない。

底辺だった自分が人並みの生活を送る為に、
底辺だった自分の暗い未来を変えるために、
自分はこれからも醜く必死に足掻き続けるのだ。

現状少しづつはよくなっている。
やらないよりはやった方がいい。
決して無駄な努力だったとは思えない。


まだ若い頃自分の夢に描いてきたことを最近になって思い出した。

自分の夢は将来ポルシェに乗ることだった。

年老いた自分が、年老いた妻をポルシェの助手席に乗せ、田舎道をのんびりドライブする。

30歳になって仕事に追われ、
色んな資格や電験を勉強していく中ですっかり忘れていた。

思いだしたということは、
根底にはまだ夢が残っていたんだと思うと
ちょっとだけ嬉しくなった。









過去問チェック表は必要か。残り307日

過去問マラソンを開始した。

平成7年から解くことにしているが、
とりあえず週末ごとに少しずつ進めていたので、

現在平成16年のところだ。

進め方に迷いがある。

5年ずつブロックにわけ、完全に仕上げていくか、

それとも20年を大きなくくりにして進めるか、

昨年は、1問ずつ仕上げて進めた。

あまりスパンが短いと丸暗記になってしまう。
かといって長すぎると復習効果が薄まる。

7年から16年を一括りにするとちょうど10年だ。
16年が終了したら、7年に戻ろうと思った。
1年分を3日で終わらせるとしても30日で1周出来そうだ。

昨年何度も解きまくって解けるようになった問題でも
スパンを大きくしすぎて、すっかり解き方を忘れている。

16年以前の問題は戦術にも多く収録されているので、
さほど解き方に迷っても戦術を開けば納得出来るけど、23年以降はちょっと厳しいかなと思う。

転職が決まっても決まらなくても、
電験2種を取得するという計画には変更はない。

短い勉強でも効率的に結果が出せる方法も模索する。

そして、
自分が今全力を出せているかは、都度確認しながら進めたい。

油断すればダラけた自分が顔を出す。
何年経とうとも自分の素の部分は変えられないようだ。

だけど、
自分のことを客観的に評価出来る人になりたい。
なりたいというか、表や数値で評価するのだ。

そのために過去問チェック表が必要なのだ。

チェック表をアップすることによって、現在の勉強の進行状況も見てもらえると思う。