転職後、僕はどう生きるか。

転職して1ヶ月が経過したであります。

家族と離れて暮らすことになり、久しぶりに1人暮しをしております。

アタクシの住処であるレオなパレスのお部屋は、

噂どおり壁が薄く、
「隣の部屋は襖で仕切られていたっけ?」

と思うほど、ドアの閉まる音から始まり、
足音、くしゃみ、笑い声、テレビの音、
トイレの音など色んな生活音が聞こえてきて、
緊張感を持ちつつ生活していたのですが、
今ではすっかり慣れました。

家賃光熱費ネット代は会社が負担してくれて、
出張手当も毎日付きますので、ずっとこの地でもいいんどけど、と思っております。

転職して1ヶ月目でボーナスが支給されました。
4万。額面3万円だったのですが、貰えると思ってなかったのでとてもありがたかったです。

仕事は定時の17時で帰ることが出来ますが、朝が早くて7時半には出社してます。

現場はプラントなので、どちらかというとビルメンでやってきたことに近いので、

あれこれ思いだしながらやっております。

どの機械がどこにあるのか?ということが覚えられません。
油断すると迷子になります。

アタクシにピッタリくっついて指導してくれるような人もいなくて、毎日自分でテーマを決めて吸収しております。

シーケンスの図面を読み書き出来るようになるということが目標の1つにあったのですが、
完成図書にあるオーソドックスのやつならなんとか追えるようになりました。

トラブル時に即対応出来るか?というのはまた別のお話しでまだまだ経験を積まなければなりません。

毎日のように何かトラブルがありますので、
そのトラブルに対処していけばそのうち本が書けそうな気もします。

そういえば、それ系の本数冊もっていたなと思いました。
報告書まとめれば本になるなんてこりゃ老後のためにネタを貯めない手はないなと思った次第です。


ところで大事な何かを忘れているような気がします。




うーーーーーーーーーーん。





あっ、電験だ。



電験の勉強!!!









コメント