折れきった心を元に戻すには2024年春。

転職とか、家族のこととか色々あって、
勉強する心もすっかり折れてしまっていたのですが、
最近また元の修行僧のような生活に戻しました。

22時に寝て5時に起きる。
テレビは封印しました。

かなり長い間葛藤しましたがようやくです。
時すでに遅しなのですが、来年まで見据えて続ける所存です。

一次試験が終了したら、合否に関わらずそのまま二次試験の勉強を春まで続けるつもりです。

元々かなりの怠け者であり、一つの物事を続けることが出来ないどうしようもないポンコツ人間であります。

やる気を出すにはやるしかなく、そもそもそのやる気がゼロなのですから、再開には毎回のごとく苦しみます。

そして、脱出する方法は自分にとっては一つだけなので、
ここに備忘録のように記します。

どのようにして煩悩にまみれた怠け者生活から脱出したかを。

物事を始めるにはハードルをできるだけ低くした方がいいと言います。

自分の場合、まずは計画表をたてます。

いきなりテキストを広げても勉強する気は全く起こらないので、カレンダーをみつつ、試験まで残り何日かを数え、その日数でテキストを割る。

テキストは目次ぐらいだと余裕で広げることが出来ます。

300ページのテキスト、試験まで残り100日だとすると、
少なくとも1日3ページは進めないといけない。

しかし、一周で合格するわけないから3周するとして、
1日9ページか。


このようにやるべきテキストは一つに絞りそれを試験日までどれくらい周回出来るかを計算します。

最初は大体でしか決められません。

何故なら、自分がどんなスピードで出来るかわからないから。

暗記分野は周回しか特に考えることなくペース配分を作りやすいのですが、自分の場合、理論などの計算問題は最初のうちは問題によってスピードが全く違うのでペース配分を作るのに苦労します。

1日に何をやったか、どこまで進んだかは常に把握するようにしてます。

今回の勉強はiPadなのですが、別に手帳を準備してそこに勉強した内容をメモしてます。

1周目はかなり時間がかかりますが、2周目はおそらく半分ぐらいのスピードで周回出来るはずです。

久しぶりに、勉強するとかなり忘れているのですが、やっていくうちに思い出すと自分に期待しております。

今年は電力と法規が復活してしまいましたので、
電力と法規は息抜きがてらに進めます。

月 理論 電力
火 理論 法規
水 理論 電力
木 理論 法規
金 理論
土 理論
日 理論

とりあえず二次試験は忘れます。

合掌。