中年クライシスなんだな。残り33日

時々、なんというか人生の見えない壁みたいなものにぶつかる時がある。

昨年から今年に入ってからは、それが頻繁にくる。

夜、不安で眠れなくなる。

体力的な限界。

将来が見えてきたこと。

親が日に日に老いていくこと。

会社に自分の子どものような年齢の若者が入社し
活躍していること。

ふと、自分は何が楽しみで生きているんだろうと考えてしまう。

これから先何か楽しいことは起きるのだろうか、
生きていても待ち受けるのは悲しいことばかりではないのか。

こんな悲しみや寂しさを味わうために生まれてきたのか。

そもそも諸行無常って悲しいことなんだな。

今、自分は、
中年が陥るとされるこころの危機的状況にある。
いわゆる中年クライシスというやつだ。

お酒とかパチンコとか楽しみがあれば少しは気も晴れるのかもしれないが、

お酒もギャンブルも楽しめない自分は、
ただただ悶悶と中年クライシスと対峙している。

今はとにかく家族の幸せを願い、自分が頑張ることで
家族が笑顔になるならとその1点の柱でその日を生きている。

強いようで脆い柱だ。

気がつくと試験まで残り33日。

電験2種試験を受け続けるのも年収を上げたいという一心だけである。

そこにはもはやロマンもへったくれもない。

泣きごとばかりで申し訳ないが、
毎日心も体も本当にキツい。

このままだと
今年は記念受験になる公算である。

職場の状況、プライベートのこと、
いろいろありすぎて、ここ2週間ほど勉強が全く手につかない。

勉強に欲がわいてきて、
昨年のように本気になれる日はくるのだろうか。

とりあえずは「生きる楽しみ」を見つけたい。