電験、勉強、志村けん、追悼。残り234日

コロナウイルスの感染者が日に日に増えてきた。

気になるのは芸能人の感染者が増えてきたことだ。

恐らく、水面下では多くの感染者が活動してばらまいているのだろう。

アタクシは電車に乗って
まだ会社に行かないと行けないので、リスクが高い。

周りには咳をする人も多くなってきた。

塾通いの子供が満員電車で咳をする。
マスクなどしていない。

無神経な親の顔を見たいと思うし、
それ以上に恐怖しかない。


アタクシはこの日記を通して、
土曜日のルーティンを何回か書いてきた。

日本昔ばなしからのクイズダービー、
ドリフで笑ってGメンを見る。

テレビの前でシムラー、うしろーうしろー!って何回叫んだことか。


人生の中で1番幸せだった時代だった。

大好きだった志村けんが亡くなってしまった。

今、喪失感が半端ない。

油断すると涙が出てくる。

アタクシは精神的に脆いほうで、死への恐怖にとらわれることが度々あった。

それを紛らわせてくれたのはお笑いだった。

笑いは副作用のない精神安定剤である。

志村けんの密着番組を見たことがある。

画面の中では楽しく仕事をしているようだったけど、

撮影以外の日はネタ作りに勤しんでいた。

確かに夜は遊んでいたかもしれないけど、
多分笑いのヒントもそこから得ていたのかもしれない。

笑いの中にあるストイックさを見た時
アタクシは志村けんの中にある職人さを見出し、
尊敬に変わった。

アタクシの電験の勉強もそこら辺を参考にさせてもらっている。

物事に一途なのは何より強く美しい。

そこに気づかせてくれた、
志村けん、ありがとう。


東京も陥落前で、やがてウイルスは地方に広がるだろう。

自分がうつらないための努力から、
他人にうつさないための努力にシフトしたと思う。

芸能人の中には、自粛なんてクソ喰らえ、
イベントするぞというどうしようもない人達も居る。

笑えないし1ミリも尊敬出来ない。

不安ばかりじゃいけないから、

未来に向けての電験の勉強も継続する。

第1に生き残った時のことを考える。

今日は平成15年が終了した。
1日に1年過去問。



合格ハチマキを締めて勉強しているので
何とかペースを保てている。