電験、勉強、志村けん、追悼。残り234日

コロナウイルスの感染者が日に日に増えてきた。

気になるのは芸能人の感染者が増えてきたことだ。

恐らく、水面下では多くの感染者が活動してばらまいているのだろう。

アタクシは電車に乗って
まだ会社に行かないと行けないので、リスクが高い。

周りには咳をする人も多くなってきた。

塾通いの子供が満員電車で咳をする。
マスクなどしていない。

無神経な親の顔を見たいと思うし、
それ以上に恐怖しかない。


アタクシはこの日記を通して、
土曜日のルーティンを何回か書いてきた。

日本昔ばなしからのクイズダービー、
ドリフで笑ってGメンを見る。

テレビの前でシムラー、うしろーうしろー!って何回叫んだことか。


人生の中で1番幸せだった時代だった。

大好きだった志村けんが亡くなってしまった。

今、喪失感が半端ない。

油断すると涙が出てくる。

アタクシは精神的に脆いほうで、死への恐怖にとらわれることが度々あった。

それを紛らわせてくれたのはお笑いだった。

笑いは副作用のない精神安定剤である。

志村けんの密着番組を見たことがある。

画面の中では楽しく仕事をしているようだったけど、

撮影以外の日はネタ作りに勤しんでいた。

確かに夜は遊んでいたかもしれないけど、
多分笑いのヒントもそこから得ていたのかもしれない。

笑いの中にあるストイックさを見た時
アタクシは志村けんの中にある職人さを見出し、
尊敬に変わった。

アタクシの電験の勉強もそこら辺を参考にさせてもらっている。

物事に一途なのは何より強く美しい。

そこに気づかせてくれた、
志村けん、ありがとう。


東京も陥落前で、やがてウイルスは地方に広がるだろう。

自分がうつらないための努力から、
他人にうつさないための努力にシフトしたと思う。

芸能人の中には、自粛なんてクソ喰らえ、
イベントするぞというどうしようもない人達も居る。

笑えないし1ミリも尊敬出来ない。

不安ばかりじゃいけないから、

未来に向けての電験の勉強も継続する。

第1に生き残った時のことを考える。

今日は平成15年が終了した。
1日に1年過去問。



合格ハチマキを締めて勉強しているので
何とかペースを保てている。



ビルメンができるコロナ対策。残り232日

新型コロナウイルス、いよいよやばい。

日本は戦争後、政府の強制力に対してアレルギーを持つ人が多く、政府も強い発信を出来ていない状況である。

1番効果的なのは、人の動きを止め接触人数を限定することで感染の速度を和らげると共に、感染ルートを明確化することであるが出来ていない状況だ。

日本の感染者がクルーズ船に限定されていた頃は、
訪日外国人減少に伴う経済損失ばかりが報道されていたと思う。

しかし、欧米諸国に蔓延し、医療現場の悲惨さや身近な人々が苦しむ様を見て様子が変わってきた。

それでも大人数の合宿をしたりするというお花畑な思考をする人々もいる。

そして、ビルメンはビルを守る人として、今日も出勤する。

アタクシはビルメンを引退する身であるが、
これまでの経験からビルメンができるコロナウイルス対策を考えたい。

その1
通勤方法を見直す。
出来るだけ公共交通機関を避け、バイクや自転車で通勤した方がいい。
電車に乗る際も、出来るだけ人との距離に気をつける。

その2
手洗いうがいの徹底。
仲間や家族、そして自分自身も感染者として過ごす。
工具やドアノブに触ったら手を洗う。
人と話す時はマスク着用。
など出来るだけリスクを減らす。

その3
最小人数で出勤する。
普段4人現場で回す現場でも、2人現場や最悪1人現場で回すなどして、人との接触を避ける。
これはオーナーや所属会社の決断もいることだけど、
感染すると全滅、接触がなければセーフなので、
ローテーションも同じ人と回し、混在させない方が
感染リスクを防げる。
若い人は発症しても比較的元気なことが多いので、
若い人と年寄りを組ませないなど配慮が必要である。

その4
空調機の外気は出来るだけ取り入れる。
換気が重要なので外気を多めに取り入れる。
熱交換の効率が悪くなるので電気代や燃料代がかかるかもしれないが、コロナリスクに比べれば安い。

その5
有休を使う。
有休がある人はここぞとばかり使う。
みんなで使うことで出社人数を減らすことが出来る。
唯一の予防は人と会わないことなのだ。

その6
休日は家にこもって電験の勉強。
夜や休日は家にこもってここぞとばかり電験の勉強をする!

アタクシの日記を読んでも良くてよ!
(>_<)



こんな感じで自分なりに対策を考えて見ました。

ビルメンはビル設備とビル環境を管理して
ビルに働く人の健康や労働環境を守るのが仕事だと思ってます。

ビルメンの皆さんで出来るコロナ対策はしましょう!

コロナの過ぎ去った後にはバブルが来ると思ってます。
みんなで生き残りましょう。


今日で平成13年~平成17年の過去問が終了した。
そしてノート10冊目終了。
11冊目に突入した。



家で過ごそう!残り231日

またまた、コロナウイルス関連の日記になってしまうが、

どうも巷には家で過ごせない人もいるらしい。

アタクシは巣ごもり族なので、家で過ごすことに関して全然くにならない。

ここでアタクシが家で楽しく過ごす方法を書いていきたい。

その①
インターネット。

巣ごもり族といえど、情報は欲しい。

ネットを引けば、音楽、映画、ゲームなどのエンターテインメントの楽しみ方の幅が広がる。

昔、ネットといえばブラウザを使ってのネットサーフィンであったけど、今はあらゆるものがネットと連動している。

映画、アニメ、ドラマも見れて、音楽も聴ける
Amazonプライムは超オススメである。

その②
ジグソーパズル。

究極の暇つぶし。案外家族でも楽しめる。
作り方のコツとしては、まず枠組みのパーツをピックアップ。
そして同系統の色を仕分ける。
または、キャラクターのパーツを集める。

家族がいれば、この部分は自分の担当という感じで、
部分部分で仕上げると効率がいい。

500ピースくらいがオススメ。

その③
プラモデル。

今どきのガンプラなどは素組でも十分に完成度が高い。
昔のように接着剤もいらない。
きちんとヤスリを入れて組めばそれなりに時間もかかる。

その④
読書
綾辻行人や京極夏彦などの推理小説は読み出すと止まらない。

どれも自分がしたくても電験勉強中の身であることから我慢していることだ。

ボッーっとテレビを見て寝ころんで過ごすより
有意義だ。

ラジオを聞きながら部屋の掃除をしたりするのもいいかもしれない。

とにかく、今は家で過ごそう。

今日の勉強は、
平成13年の問題に戻ってきた。

電験合格して家で趣味に没頭出来るようになりたい。