さらなる追い込み、鬼となれ。残り30日

残り30日になった。

いよいよ明日は合格発表日である。

新幹線の行きの分の予約は完了した。

今日は帰りの分を予約する。

残り30日になり、勉強に必要のないことはどんどん削ることができるのではないかと考えている。

夜は9時までには寝ることにした。

3時きっかりに起きスッキリとした気持ちで勉強を始めるためだ。

これ以降、極力ネットは見ないことにした。

見るのはメールぐらいだ。

残り30日ほど情報を遮断してもなにも変わらないだろう。

息抜きも不要だ。

寝る食べる仕事する勉強する。

これだけでいいのだ。

他に風呂に入ったり、歯磨きしたりいろいろあるけど、

とにかく必要最低限の動きしかしない。

一番恐れるのは、不合格になることでなく、
もう少し勉強すればよかったという後悔なのだ。

だから、悔いが残らないように勉強して、試験を迎えたい。

現在電力管理は、二相間を300Vほど昇圧する変な回路。

ここがイマイチわからなかったけれど、電力管理の精選問題集なるものに、わかりやすい解説があった。

今は解ける。

一週間後はわからない。

機械制御は、直流機を抜け、誘導機に入った。

やっぱり全て忘れていた。

忘れたらまたやるだけだ。

そして、自動制御。

自動制御は戦術に収録されている問題は全て解くことにした。

RC回路がラプラスで解けるようになった。

一次試験のときはこの解き方は避けていたけど、

ようやく意味がわかった感じだ。

今や電験の鬼となっている。

自分自身に余裕がないことがわかる。

他人に対してもストイックさを要求しているかもしれない。

そこだけは本当に気をつけよう。

厳しく辛い思いで勉強をするのは自分だけで充分なのだ。

もっと楽しい勉強のやり方もあるに違いない。

アタクシはこの山を越えた風景が想像できるのでひたすら山を登っているだけだ。

一見辛そうに見えるかもしれないけれど、
当の本人は未来の自分の姿に毎日期待しているのだ。



二次試験の合計勉強時間は300を超えるだろう。

だけどまだまだ足りない。

二次試験の合格までの道のりはこんなもんじゃない。