教わることの難しさ。残り145日

先日の誤植ではないかという問題は誤植ではなかった。

いろんな人を巻き込んでしまった。

コメントやTwitterのリプによりやっとわかった。
協力してくれた方々、
本当にありがとうございました。
m(_ _)m




誤植だと疑って、ツイートしたわけだが、
誤植ではないとの返信や具体的な計算方法を提示して貰ったけれど、
わかったようなわからないような、
結局自分の考えのどこが間違っているかが
わからなかった。

思い切って自分はこういうふうに考えているだけどと、

テキストの記号1つ1つに註釈を入れて公開したところ

やっと自分の考えの根本的な間違いに気づくことが出来た。

単位の中に数字が入っていて、その式を計算するのに単位の数字まで計算していたのだ。

どういうことかと説明すると、

普通リンゴを一個と表現する。

個が単位だ。算数では1[個]と書く。

もし単位が[1/2個]だった場合を仮定し

リンゴ1[1/2個]とリンゴ2[1/2個]は合わせて何[個]になるかという問題があったとする。

これは、(1+2)=3つまり、3[1/2個]と書ける。

しかし答えは個数なので、(3×1/2)を計算して1.5[個]が答えになる。

これを単位をつけて書こうとすると、



(1[1/2個]+2[1/2個])×1/2=1.5[個]

このように書くことが出来る。

実際テキストにもこの表記方法で書いてあった。

しかし、その表記方法は自分の頭にある常識とかなりズレていた。


頭の中を書くと、

1×1/2+2×1/2=1.5個。

答えがでるじゃん。

こう考えているので、正式な表記の×1/2が不要ではないかと思って仕方なかった。

テキストが誤植だらけなので誤植ではないかと疑った。

この間違った常識、考え方を訂正してもらうのにいろんな人に迷惑をかけてしまった。

みんなもまさか単位の考え方そのものを間違う奴がいるわけがないと思っていたかもしれない。

天然ボケの思考過程を表現するのはかなり大変だ。

しかもそれが常識だと認識しているので厄介である。

教える人も大変だと思った。

教わる時は、どこがどういう風に分からないのか、自分を表現する必要がある。

だけど、それを表現する仕方も勉強が必要な所が難しい。


こんな僕でも助けてくれる人がいて本当に幸せだ思うし、
この恩をきちんと返す為にも勉強を続けようと思った。