独眼竜電験寺 

電験2種二次試験最後の1週間。

右目に黒い何かが動き字が読みづらくなっていた。

せめて、試験まで持ってくれ。
試験終わったら眼科に行くから!

という気持ちでなんとか試験終了させた。

昨日、右目に違和感があり、夕方眼科を受診した。

網膜剥離ということだった。
眼球に穴が空いているようだ。


試験翌々日、定期検診でバリウム検査をした。

毎年胃カメラを飲んでいたけど、コロナの影響で集団検診の胃カメラはバリウム検査になった。
そこで逆さにされた。

元々網膜剥離の症状が徐々に進行しつつあったけれど、
逆さまにされたショックで急に剥がれが進行したぽい。

今こうしている間にも徐々に視野が狭くなってきている。
来週の月曜日に緊急手術することになった。


目の使いすぎで網膜剥離が進行することはないというけれど、強い近視の人は目の中がもろいようだ。

左目も気をつけなければならないと言われた。

3週間は仕事を休む。

片目を犠牲にしたんだから、
電験2種は合格して欲しいがそうもいかないのが人生。

やはり今年で決めるべきだったんだと思う。

今年いっぱいは安静に過ごします。











電験寺の修復工事

今日は網膜剥離の手術でした。

午後1番最後の手術だったので17時30半頃無事に終了しました。

ご心配お掛けしました。

そして温かいコメントありがとうございました。
m(_ _)m


目に液を抜く管、液を注入する管、ライト、もう一本のなにかなど、4本ほど針を刺すのだか、
部分麻酔であったのでなかなかの恐怖体験でありました。

しかし、アタクシは長年の電験の勉強により、

全意識を集中し部分麻酔であっても、全身麻酔状態になる技を会得しており、

動揺する心拍数をなんとか抑えることに成功したのでした。

ありがとう電験。
ありがとうドクター!


手術中にアゴを少し上げてくだいとか、ちょい左に向いて下さいとか指示があるので、
その度に集中が切れパニックになりそうでしたがその度に邪念を飛ばし何とか抑えました。

40分程で手術が終了。

術後は下向きの生活を強要されており、

前を向くことは許されず、ベッドの上で正座で日記を書いております。
さながら電験反省会のようであります。

これをきちんとしないとガス白内障というものになり、

また手術なのできちんとコウベを垂れ、

今までの行いをひたすら反省するのでした。

今日のお食事。



麻酔が切れてきたのか右目がコロコロしてきて、
涙が出てきます。


電験に落ちた日。

電験に落ちた日。

それは何となく訪れた。

自分は落ちるはずがないと思いながらも、

試験を受けた当日にはもしこんな問題で落ちることがあるならば、おそらく何度受験しても合格することはないだろう。と思いながら解き終えた。

今年はそんな問題であった。

もし落ちていたら?
考えたくもない。

受験番号を検索しようともしなかった。

内心、結果を知ることが1番怖かったのだ。

合格を確実に既定路線に載せるために家を買うことにした。

ネット銀行の住宅ローンの予備審査を数時間で突破し、

書類を揃えて本審査に臨み、書類が銀行に到着したであろう日に本審査に落ちた。

くしくも電験のハガキを受けた取った日に、
住宅ローンの本審査に落ちたメールが届いたのだ。

ふとこのまま死んでもいいかなぁとも考えた。

生きる価値もない人間なのかもしれない。

だけど引越しを楽しみにしている家族を見ていると、

もう少し頑張って見るかという気持ちになった。

そして、不合格を職場の電気主任技術者さんに伝えたところ、

「私はあなたが頑張っていたのを知っている。
頑張りすぎていて心配していたぐらいだ。認定で取っても同じ資格です。認定で取ってもいいのではないでしょうか?」

との言葉に少し涙が出てきた。

悔しさよりも情けなさが先立つ。

電験はこれまで1次試験は答え合わせをしてきたが、
2次試験は答え合わせをしたことがない。

この姿勢がダメであり、自分がやったこと、出した答えに最後まで責任を持ち、答え合わせなり、反省なりを出来なければ、この先も合格することはないだろう。

今日、地方銀行にて住宅ローンの予備審査がとおり、
本審査に進み、本契約に向け住所変更をするように言われた。

本審査が受からなかったらもう一度住所変更しなきゃならないがよっぽどでないと本審査に落ちることはないらしい。


家を買い引っ越す。

引越しを機に新電験寺で修行を開始する。

認定?

いらん。

アタクシはこれからも試験合格にこだわる。

会社が電気管理技術者の道を開いてくれたので、
電気管理技術者のスキルを磨きながら、
特高選任の道を進む。

アタクシの電験道に光がさす。

この道をゆけばどうなるものか。

あやぶむなかれ。あやぶめば道はなし。

踏み出せばその1歩が道となり、その1歩が道となる。

迷わずゆけよ。ゆけばわかるさ。

ありがとうー!

これからも宜しくお願いします。

そして、電験チャレンジャーの皆さん、

お待たせしました。

電験寺、残念ながら心折れずです。
だから、皆さんも共に行きましょう。