独眼竜電験寺 

電験2種二次試験最後の1週間。

右目に黒い何かが動き字が読みづらくなっていた。

せめて、試験まで持ってくれ。
試験終わったら眼科に行くから!

という気持ちでなんとか試験終了させた。

昨日、右目に違和感があり、夕方眼科を受診した。

網膜剥離ということだった。
眼球に穴が空いているようだ。


試験翌々日、定期検診でバリウム検査をした。

毎年胃カメラを飲んでいたけど、コロナの影響で集団検診の胃カメラはバリウム検査になった。
そこで逆さにされた。

元々網膜剥離の症状が徐々に進行しつつあったけれど、
逆さまにされたショックで急に剥がれが進行したぽい。

今こうしている間にも徐々に視野が狭くなってきている。
来週の月曜日に緊急手術することになった。


目の使いすぎで網膜剥離が進行することはないというけれど、強い近視の人は目の中がもろいようだ。

左目も気をつけなければならないと言われた。

3週間は仕事を休む。

片目を犠牲にしたんだから、
電験2種は合格して欲しいがそうもいかないのが人生。

やはり今年で決めるべきだったんだと思う。

今年いっぱいは安静に過ごします。











電験寺の修復工事

今日は網膜剥離の手術でした。

午後1番最後の手術だったので17時30半頃無事に終了しました。

ご心配お掛けしました。

そして温かいコメントありがとうございました。
m(_ _)m


目に液を抜く管、液を注入する管、ライト、もう一本のなにかなど、4本ほど針を刺すのだか、
部分麻酔であったのでなかなかの恐怖体験でありました。

しかし、アタクシは長年の電験の勉強により、

全意識を集中し部分麻酔であっても、全身麻酔状態になる技を会得しており、

動揺する心拍数をなんとか抑えることに成功したのでした。

ありがとう電験。
ありがとうドクター!


手術中にアゴを少し上げてくだいとか、ちょい左に向いて下さいとか指示があるので、
その度に集中が切れパニックになりそうでしたがその度に邪念を飛ばし何とか抑えました。

40分程で手術が終了。

術後は下向きの生活を強要されており、

前を向くことは許されず、ベッドの上で正座で日記を書いております。
さながら電験反省会のようであります。

これをきちんとしないとガス白内障というものになり、

また手術なのできちんとコウベを垂れ、

今までの行いをひたすら反省するのでした。

今日のお食事。



麻酔が切れてきたのか右目がコロコロしてきて、
涙が出てきます。