勉強を動画で記録する。残り310日

あけましておめでとうございます。

今年も電験寺を宜しくお願いします。

ここ数ヶ月、勉強はしているのだが

どうしても集中出来ず音楽をかけたり、
YouTubeを見たりで、ただただノルマをこなしている
というだけになっていた。

YouTubeはStudy with meという勉強動画を視聴していたものの

どうしてもお笑い動画に移行してしまう。
スマホも封印が難しい。そもそも、
机の横にモニターがあり、あろうことか、Amazonの ファイアスティクが挿してあるので、スマホだけを封印しても無駄なのだ。

このままではダメだと感じ、ふと閃いた。
勉強している姿を動画で残そうと。

最近のファイアスティクは、無料でiPhoneをミラーリングする機能が付いており、

これを利用すれば、スマホとモニターを同時に封印することが出来る。

いわば、
光の玉でゾーマの能力を一部封印するようなものだ。

スマホのカメラの映像をモニターに映しながら勉強するのだ。

どう映っているかがわからないと、撮影も怖くてできんからちょうどいい。

ライブ放送できればリアルタイムでかなり集中出来そうだ。

アタクシはYouTubeチャンネルも持っている。
登録者も悪魔超人と同じ7人。

2年ぐらい前に初めて、登録者は悪魔超人のみ。

ライブ放送するには登録者50人以上必要みたいだ。

アタクシはさっそく、Twitterで投稿した。

Twitterのフォロワーさんは950人以上いる。

この中の5%の人が登録者してくれればすぐに50人に届きそうだ。

そして、増えた。
3人増えた。

12人になった。

嬉しい。
雀卓が3テーブル出来そう。

いや、勉強ライブ…

勉強動画をiPhoneで撮影し、3本ぐらい投稿した。
iPhoneで撮影して、iPadにエアドロップ。

適当に編集して動画に上げる。

結構大変だった。

しかもすぐにiPhoneの容量が足りなくなった。
64GBの容量はYouTube無理。

iPhone買い換えようと思ったら、10万ぐらいするのね。

パソコンと変わらないのね。

まあ、最新のiPhoneなら、カメラとパソコンの機能あるから、別々揃えるよりも安いのかもしれん。

と言っても10万円はない。
電験2種合格したら、お祝い金が出るらしいので、
それで買うつもりなのだ。

苦肉の策として、
今日からタイムラプスで動画撮影してYouTubeにアップする。

目標は毎日投稿。

否、毎日勉強なのだ。

電験寺は、さりげなく
Twitter、
Instagram、
YouTubeやってます。


いずれも電験寺と検索すればヒットするので、
これを読んだ優しい貴方、ぜひ登録してください。

アタクシは勉強ライブ中継がしたいのです。






今年もそろそろ終わり。アタクシもそろそろ\(^o^)/オワタ 残り319日

仕事納めも無事終わった。

仕事内容は目指していた仕事なので苦ではないのだが
仕事をさせてくれない時間が苦痛である。

今年1年を振り返ってみても
一緒に働くジジィの愚痴を聞くという
本当に無駄な時間で浪費され消えた。

1年で積算すると1000時間程になる。

会社を辞めることにした。
やっぱり辞めない。
あいつは許せん、会社もクソだ、
上層部も社長もクソだ。
俺はこんなに頑張っているのに
会社は認めてくれない。
同僚の顔も見たくない、
アイツらと一緒に働きたくない。

などの不毛な言葉を毎日毎日聞く度に、
こっちまで頭がおかしくなりそうだった。

立ったまま数時間お話を聞くので
足も腰もお腹も痛かった。
昨日は頷きすぎて首も痛くなった。

直接自分のことを言われているわけではないので
パワハラにもあたらない。

大変だねぇ。まぁ頑張って‪w
というレベルなのだ。

どこにも訴えようがない。

その時間で資料を作らせてくれ!
やることないなら俺に勉強する時間をくれ!

などと思いながら、
右から左に聞き流しながら毎日過ごしていた。

ジジィの話を聞くだけではなく、
自分の受け持つ仕事もあり、
帰宅してから仕事をするということも多々あった。

ハッキリ言おう。
老害であると。

自分しかその人の相手が出来る人がいないらしい。
その人自身もそう言っているし、
こんな変人に笑顔で付き合えるのは自分ぐらいだろうなと思う。

そんな中、悪い知らせが届いた。
アタクシがジジィのお話を聞くという仕事以外に任されている仕事は他の人が受け持つらしい。

自分は仕事を全うしてきたと自負していたので
中々ショックな出来事だった。

ということは、
アタクシは近いうちにジジィのお話を聞く専門の人ということになる。

そもそもそんな人居なくてもいいので、
どう考えてみてもアタクシはリストラ要員である。

会社でジジィと共に孤立する危機!

否、ジジィは特高選任なので安泰。
70まで働くらしい。

アタクシはジジィを拒否すると会社には居場所がない。

こんなにも悲しいことはあるだろうか。

アタクシには
電験2種を取得して他の特高施設に移動するか、
管技を取得して法人部門に移るかという選択しかない。

ということで、
電験2種の勉強を再開しつつ
管技の資料をまとめ会社に提出し審査をお願いした。
提出したけど今のところレスポンスはない(>_<)
しかし、やるだけはやった。
やっている!

毎日に満足している状態より、
多少の不満があり、
その不満の解消方法が自分にあるとしたら、
頑張れるんだなぁと改めて思う。

そもそも電験3種取得もマウントしてくる人を見返すということをエネルギーとしていたし、
ある意味今の60代はアタクシにエネルギーをくれる存在であると言えそうだ。

自分が60代になる時は器のでかいジジィになろうと思う。

二種取得してマウント取るような小さい人にはなりたくない。

若い世代の時間を浪費させるような
ジジィみたい人には絶対にならない。

左目がそろそろ網膜剥離になりそうだけど
(映像で見たが今にも外れそうだった。)
来年はいい年になるといいなぁ

年末は年越し勉強大会開催!







電験受験日発表会された。残り335日

来年の電験の受験日が発表された。

発表されたということは追い込みである。

とことん自分を追い込むのだ。 



一次試験が8月20日(土)
二次試験が11月13日(日)

これは予想通りであったのでカウントダウンはそのままである。

もはや一次試験は眼中になく、
(落ちたら震えるほど爆笑したい)
とにかく2次試験の対策を進めている。

2次試験の問題は今のところ89日で1周という感じで進めている。

ところで3種の試験が年2回になって、2回とも受けられそうだけど、3年保留のままのようだ。

しかし、私はかつて鬼のように過去問マラソンをしていたからわかるけど、数打ちゃ当たるというような試験ではなく、それなりに勉強しなければ通らないと思う。

電力と法規を短期決戦で取り、理論をじっくり勉強することで通りやすくはなるのかなと思うけど、
独学者にとってはとにかく理論の敷居の高さは異常だった。

かなりの人が心が折れる。
恐らく年2回に受験回数が増えても心折れる人は折れる。

アタクシなんか何回も過去問解いたけどなかなか合格点届かなかった。

まあ、それはいいとして、
とにかく今アタクシは毎日電験2種の試験の問題を解き続けている。

一昨日は全身麻酔で目覚めた後フラフラとしながらも勉強をした。

自分でもかなり気合いが入っている。
数年前の自分が完全に帰ってきた。

今の現状を変えたい、
モラハラの人からいち早く逃げたいという気持ちがアタクシを勉強に駆り立てる。

パワハラではないので訴えようがないので、
我慢するしかない。

強いてゆうならば、かなりのロスタイムだ。
その方の愚痴を聞く時間は自分の仕事が出来ず
自動的に残業になる。

第三者にそれぐらい我慢すれば?と言われたら、
そうですねと返すしかない。

だからこそ、自分は道を切り拓きステージを変えるのだ。

これはやはり感謝である!
こういう不屈の闘志与えられたことは素直に喜びと感謝の気持ちでいっぱいである。

朝方の勉強はやめて、夜型に変えた。
勉強が済んだら寝るということにしているので、
2時頃になることもある。

私は特高設備に勤務していて、そこの代務者であるため、あと3年半勤めれば電験2種が取得出来る。

だけどアタクシは認定では取得しない。
早いとこ別の人に譲りたい。
(YESマンにうってつけの仕事であるが間違いなくペーパー2種が誕生する)

愚痴を聞き続けて電験を取得したとして、
アタクシに何が残るのか。

アタクシは電験2種の免状を我慢大賞の免状にしたくない。

最近は電気管理技術者の方に興味がある。
先日、同僚のアドバイスを受け、
前の会社の経歴で実務経験経歴書をまとめた。

電気主任技術者の元で働いていた期間が9年。
電気主任技術者として専任していた期間が5年半。
日常点検、月次点検、年次点検、臨時点検、測定業務などもしていたので、経歴的には問題ないと思う。

組織図の添付がいることを知らず、
記憶の中で書いたけど何とか予備審査までは行けそうな感じに仕上がった。

しかし問題は印鑑である。

ビルのオーナーの印鑑、
所属会社の印鑑。

二社とも印鑑を押してくれるのか。

良さげな気の利いたお手紙の内容を考えている毎日だ。