電験に落ちた日。

電験に落ちた日。

それは何となく訪れた。

自分は落ちるはずがないと思いながらも、

試験を受けた当日にはもしこんな問題で落ちることがあるならば、おそらく何度受験しても合格することはないだろう。と思いながら解き終えた。

今年はそんな問題であった。

もし落ちていたら?
考えたくもない。

受験番号を検索しようともしなかった。

内心、結果を知ることが1番怖かったのだ。

合格を確実に既定路線に載せるために家を買うことにした。

ネット銀行の住宅ローンの予備審査を数時間で突破し、

書類を揃えて本審査に臨み、書類が銀行に到着したであろう日に本審査に落ちた。

くしくも電験のハガキを受けた取った日に、
住宅ローンの本審査に落ちたメールが届いたのだ。

ふとこのまま死んでもいいかなぁとも考えた。

生きる価値もない人間なのかもしれない。

だけど引越しを楽しみにしている家族を見ていると、

もう少し頑張って見るかという気持ちになった。

そして、不合格を職場の電気主任技術者さんに伝えたところ、

「私はあなたが頑張っていたのを知っている。
頑張りすぎていて心配していたぐらいだ。認定で取っても同じ資格です。認定で取ってもいいのではないでしょうか?」

との言葉に少し涙が出てきた。

悔しさよりも情けなさが先立つ。

電験はこれまで1次試験は答え合わせをしてきたが、
2次試験は答え合わせをしたことがない。

この姿勢がダメであり、自分がやったこと、出した答えに最後まで責任を持ち、答え合わせなり、反省なりを出来なければ、この先も合格することはないだろう。

今日、地方銀行にて住宅ローンの予備審査がとおり、
本審査に進み、本契約に向け住所変更をするように言われた。

本審査が受からなかったらもう一度住所変更しなきゃならないがよっぽどでないと本審査に落ちることはないらしい。


家を買い引っ越す。

引越しを機に新電験寺で修行を開始する。

認定?

いらん。

アタクシはこれからも試験合格にこだわる。

会社が電気管理技術者の道を開いてくれたので、
電気管理技術者のスキルを磨きながら、
特高選任の道を進む。

アタクシの電験道に光がさす。

この道をゆけばどうなるものか。

あやぶむなかれ。あやぶめば道はなし。

踏み出せばその1歩が道となり、その1歩が道となる。

迷わずゆけよ。ゆけばわかるさ。

ありがとうー!

これからも宜しくお願いします。

そして、電験チャレンジャーの皆さん、

お待たせしました。

電験寺、残念ながら心折れずです。
だから、皆さんも共に行きましょう。





たぶん電験寺イズノットデッド

お待たせいたしました。

お待たせしすぎたかもしれません。

元気にしておりました。

本日は網膜剥離の術後検診もありましたが、
結果も順調であります。

今年から
継電器試験などの測定業務もすることになり、
計画や手順書作りなど業務に追われておりますと、
1週間の経過が鬼のように早く感じます。


1つ順調でないとしたら、ライフワークの勉強でしょう。

試験が済んでから、というより、

試験後に網膜剥離という診断を受けてからというもの、

完全に心が切れてしまい、いまだ机に向かえておりません。

自分でもどうしてしまったのだろうというぐらい、
勉強する気力が微塵も湧いてこない。

毎日午前2時から4時間も机に迎えば、
そりゃあ体も壊れるわなぁ。と
セーブしなきゃと、
自己防衛反応が起きているのかもしれません。

しかしながらあと2週間ぐらいで電験の合格発表です。

ここで不合格になると、更に3年ほど勉強に没頭することになるかと思うと、正直気が滅入ります。

こうなったら、
今のうちダラけるだけダラけよう。

恐らく神はアタクシに試練を与えるに違いない。
アタクシに短い休みの期間を下さい。

合格して欲しいと僅かな可能性に期待しながらも、
自分が合格しているはずはない。
出来るはずがない。

そういう気分で過ごしております。

不合格という文字が、
もう一度自分に活力を与えてくれると信じております。

電験寺イズノットデッド、再び。

そして、
遅れましたが今年も宜しくお願いします。



退院、そして在宅ワーク開始。

先日退院しました。

退院後はディスクワークは可能になりましたが、
歩いたり、運転したり5kg以上のものを持ったりというのは避けた方がいいという指示をお医者さんから
頂きましたので、

会社の上司に相談し在宅ワークの許可を得ることが出来ました。

前の会社ではそういう設備とか方法がなかったので、
この点においても転職してよかったと思います。

在宅ワークでは、アタクシの受け持つ事業所が
まだ年次点検表が作成していなかったので、
年次点検表をコツコツ作成することにしました。

それと遠隔監視及び報告です。

会社のサーバーに自宅からでもアクセス出来るので、
事務所ワークは会社じゃなくても出来ます。
毎回パソコンも持ち帰ってますし・・・
今までありがたいと1度も思ったことはなかったのですが在宅勤務でなければ欠勤になるのでありがたいです。

勉強のことは試験終了後のショック、
網膜剥離になってしまったショック、
入院して色んな人病気の方々を見てしまい
人生とは何をするべきかを改めて考えてしまったことによる憂鬱なども重なり、

なかなか次の勉強の1歩を踏み出せないでおります。

網膜剥離は再発する事もあり、特に予防法もないようです。

目に時限爆弾みたいなものを抱え生きて行かねばなりません。

だけど、1つ得たものがあります。

手術を行なってくれたドクターが、
水晶体の交換もしておいた方がいいのだけど、
まだ若いし、行く行く白内障手術もするだろうから、
今回は、出来るだけ手をつけない方法で行います。

ちなみに私が手をつけない方法で手術しますと言って、
手をつけたことはありません。

と、米倉涼子みたいなことを言ってくれて、
これぞ、技術者の鑑であるな。
と本当に頼もしかったです。

そして、手術も今のところ経過良です。

医療現場で働く人達全てをリスペクトしておりましたが、今回の入院で益々リスペクトしております。

お医者さん、看護師さん、薬剤師さん、栄養士さん、ヘルパーの方、掃除の方、警備員さん、施設管理の方、
そのほか、スタッフの方々

そして、会社の上司、先輩達、
本当にありがとうございます。

一所懸命働いて何とか恩返しをしたいです。

書いてるうちに元気が出てきました。

少しづつでも前に進まなければ。

倒れる時は前のめり!